外壁塗装

外壁塗装をしようと思ったきっかけと自分でするか業者に頼むかの結果・・

叔母が家の建て替え+二世帯住宅にすることになり、祖父母が引っ越すことになった。

 

祖父母の家はどうするの?って話になった。

 

四国で田舎のところなので売りに出しても売れない

 

で、どうするか?ってなった時に、たまたま私が四国に行くことになったので、祖父母の家に住むことにした

 

とりあえず、外壁塗装だけでもして家を新築みたいに・・!と思い、外壁塗装をすることに(´・ω・`)

 

なるべく安く済ませたいってことで、自分で外壁塗装できないか?と思い、調べまくった。

 

調べた結果・・自分で外壁塗装をするのはやめました。

 

自分で外壁塗装をするのを辞めた理由ですが・・・

 

足場の設置や費用がそこそこいる。

 

外壁塗装をするなら足場が必要な家なので足場が必要
足場の設置費用を調べたら5万以上はする
ただ祖父母の家は10万以上はかかるっぽい
素人が使うので事故とかが起きたことを考えると業者も渋りそう
後、業者に任せたら足場の設置費用は実質タダになりやすい
(値引き額=足場の設置費用を上回る可能性もあるので。)

 

養生費用もそこそこいる

 

田舎なのと隣に家がないので養生なんてあまり気にしなくてもいいといえばいいんだけど、雨が降った時のことを考えると養生は必要
この養生は足場の業者に設置して貰った方が当然いいので、、金がかかる
後、養生は汚れるので割増の可能性もある

 

一人だとそれなりの時間がかかる

 

業者と違って一人でやる。
業者でも一人でやるとこもあるかもしれないけど、経験の差はとても大きいと思う
一人でやるとなると試行錯誤でしないといけない
いくら覚悟を決めてやっても時間がかかりまくると思う

 

 

 

と考えたら、外壁塗装は自分でするより業者に頼んだ方が圧倒的に良いと判断した。

 

後、今は匿名で一括見積できる所もあるので安く済ませようと思えばやりやすい時代だとわかった。

外壁塗装の塗料の種類について

外壁塗装の塗料の種類は主に4種類です。

 

アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料です。

 

また、塗料は溶剤と水性の2種類に分けられています。

 

更に、溶剤塗料は缶をあければそのまま塗れる1液タイプと、主剤と硬化剤をかき混ぜる必要がある2液タイプにわかれています。

 

また、トラブルに対応するためには適した塗料で外壁塗装する必要があります。

 

カビが発生している場合は、防カビ剤入りの塗料を使います。

 

もちろん、現在の外壁塗装用の塗料の大半は、防カビ剤入りです。

 

しかし、万一のこともあるので、確認するようにしましょう。クラックが発生している場合は、塗膜が伸び縮みする塗料を使う必要があります。

 

ゴムのように伸び縮みをすることが出来るので、クラックの再発を防ぐことが出来ます。

 

しかし、塗膜がやわらかいので、塗膜が硬い塗料よりは汚れに対する性能が落ちてしまうので、注意します。もちろん、雨で汚れを洗い流す親水性はあります。

 

汚れがとても気になっている場合は、汚れがつきにくい塗料を選ぶようにします。

 

弾性ではなく、汚れがつきにくい塗料です。溶剤2液シリコン塗料などです。

 

クラックも汚れもある場合は、コーキングでクラックをうめた後、下塗りに弾性塗料を使い、上塗りに汚れに強い塗料で仕上げる方法もあります。

 

シリコン系の弾性塗料を使うようにすると、クラック、汚れ、カビに対してすべて対応することが出来ます。

 

このように、外壁塗装に使う塗料には様々なものがあります。"